総計: 5011  今日: 4  昨日: 6       Home Search SiteMap Admin Page
shimamasa's web
写真  
お問い合わせ
 
 
 打放し仕上げの世界最初の試み1 
 打放し仕上げの世界最初の試み2 
 打放し仕上げの世界最初の試み3 
 大阪芸術大学塚本英世記念館 
ねっとわ〜く熊野
moblo

 1903年フランスのオーギュスト・ペレがパリの「フランクリン街のアパート」で、コンクリートの打放し仕上げを初めて試みました。

102年経つ現在も、パリ市内シャイヨー宮の裏手に現在も建っている。

アール・ヌーボーのデザインと美しい花ビラ状タイルとともにコンクリート面が多少汚れはしているが、周囲の石造りのアパートと比べても見劣りしない堅固さを誇っている。

英国のポルトランド・セメントのの発明者、ジョセフ・アスプディンが目指した石材に変わるものとしてのコンクリートが、そこにはある。これを思うとき、日本の打放しコンクリートがたどった運命は悲惨というほかならない。

 

バディ
みんなの日誌
マルチメディア祭
NHKオンライン
先生の広場
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd. All rights reserved.